インターネット上で使える仮想通貨のことを、ビットコインと言います。
コインという名称がついていることで、実際に現物があるように錯覚する人が多いのですが、仮想通貨という言葉に置き換えると、現実に形があるものではなく、形があるかのように仮想して通貨として使うお金であるという意味が理解できるでしょう。
そんなビットコインは、日本では取引所が破たんしたとか、多額のコインが行方知れずになったとかいった報道がされたことで広まった感があることから、ネガティブなイメージが先行してしまいました。
できるだけかかわりを持たないに限る危ないお金という考えを持っている人も、実際のところ大勢います。
けれどもこれから先、国がそれぞれの通貨を印刷することで発行するお金より、仮想通貨の方に安心感を見出す人が多く出てくると思われます。
実際、ユーロ圏では今にもデフォルトが起こりそうな国の通貨は、いつなんどき紙くずになるかわかりません。
その点、仮想通貨なら中央銀行がどんどん発行するといった具合に絶対量が増えることなく、通貨の価値が下がることがないのです。
ビットコインには絶対量が定められており、その中で取引が行われます。
たくさんの人が欲しがれば価値が上がるという点で、金の取引に感覚的に似ていると考えると、イメージしやすいのではないでしょうか。
ただし、信用によって成り立っているので、その信用が崩れたときには価値も崩れるということへの理解が重要です。
ビットコインの最新情報をお届けするビットコイン情報サイト|CoinPortal