高麗人参は昔から滋養強壮、健康維持、美容とアンチエイジングによいものとして知られてきました。
特に中国や韓国では民間医療としても親しまれており、
日本でも長い事漢方薬として知られてきました。
栽培は中々容易ではなく、種まきをしてから4-6年目にしてやっと収穫ができるという
時間のかかる植物です。
しかし、収穫したものにはサポニンやアルカロイド、ビタミンや食物繊維、カリウムと言ったものが豊富に含まれています。
中でも6年かけて栽培したものが一番高級品といわれていて、サポニン含有量が多いとされています。
勿論普通の高麗人参でも十分に効果はありますが、折角摂取するならばこの6年物を摂取して、なるべく早くに最大の効果を得たいものです。
元々は煎じたものや顆粒状のものが多かったのですが、最近は生活様式にあわせて、携帯しやすいように錠剤になったものも多々販売されています。
いつでも忘れる事なく摂取する事で、手足の冷えや血圧、血糖値の値が改善されます。
摂取し始めは解毒の効果によって臭いおならが出てくることがあるようですが、
そのおならが出ると、効果が出ている証拠です。