現在、電力自由化でいろいろな企業が電気事業に新規参入をしています。
代表的なところで、ソフトバンクが自社サービスとセットで東京電力と一緒になって電気の供給をしようと既に計画がされています。
もともとの供給元である東京電力との提携で、電気料金は安くなるのではないかと思われます。
このように大手企業からの電力供給であれば心配はいらないのでしょうが、中小企業が新規に電力供給に参入して、電気料金が安く契約ができたとして、実際にその企業が供給できる枠を超えるようなことがあると、電気がストップしてしまうのではないかという心配もあります。
供給量以上の契約をしていた場合、不足したときはどうなるのでしょうか。
不足した時に電気がストップするようなことはありません。
東京電力から電気は供給されていますので、問題なく電気は使えます。
でも小さい企業と電気供給の契約をした場合は、気になるところで、この辺がどうなるかということが一般的に知られていませんので、契約をする方は、電気供給に対する不安がない、東京電力とそのまま契約をするか、大手企業と契約をするのではないかと思われます。
この点を考えると、電気料金はそこまで安くならないのではないかと思います。
今後の電力供給の情報に注目してみましょう。