日本における広告表現の法的規制は多岐にわたっており、その全貌を把握している人間はあまり多くありません。
とりわけ、長年に亘って消費者への訴求力を高めるような表現方法を研究してきたマーケティング担当者は、商品の宣伝効果を最大化するための表現を利用することができずに苦しんでいます。
このため薬事法が関わってくるビジネスについては、各企業ともマーケティング方法に苦慮しており、たとえビジネスチャンスのありそうな製品コンセプトが提案されたとしても、表現規制を恐れて商品開発に参入しないということすらありえます。
こうした状況は、薬事法や景表法といった法規制に対する専門知識の習得が困難であることに起因しています。
そこでマーケティング担当者がこのような知識を習得するのではなく、広告のコピーを専門家にチェックしてもらうというビジネスが誕生しました。
薬事法ドットコムはこのようなビジネスのパイオニア的存在であり、他にはないデータの蓄積と、弁護士や元高級官僚OBによる細かな専門知識によってクライアント企業をサポートしています。
薬事法ドットコムの凄さは単なる広告チェックに留まらず、新たなビジネスチャンスの提案まで行えるということです。
これは法規制の原理を正確に把握することで、他の企業の参入していない領域にビジネスチャンスを見つけることができるからです。
規制をチャンスに変えてしまう薬事法ドットコムのサービスは、マーケティングに悩む企業担当者にとって一見の価値があるといえます。