初期研修を修了したジュニアレジデントを対象にした、後期臨床研修の制度は、医学界の将来のためにも、大変有意義なものだと思います。
現在の日本の医学界では、専門分野のエキスパートが少なく、数少ない専門医が、いくつもの症例に対処しなくてはならず、例えば、外科系の専門医の手術執刀も、リスクを考えると、限られた専門医のみに任されているのが現状です。
これでは、若手の優秀な医師が活躍できる場が限られてしまい、ひいては、近い将来、専門分野の医師不足になりかねません。
せっかく医療に携わるために、医師を志したにもかかわらず、臨床実績もなく、手術経験もない医師が増える可能性もあるのです。
これは、患者側にとっても、大変憂慮すべきことではないでしょうか。
それを打開するため、各大学病院や公共機関が運営する病院などで、若手医師が、専門分野の知識や医療技術を取得するカリキュラムを受けることができます。
より高度な医療時術を学び、臨床経験を積むことで、専門医として、責任ある仕事を任され、ますます医学の進歩に貢献できる制度でしょう。
シニアレジデントの研修制度が増えることは、医学のさらなる発展と、病気で苦しむ患者にとって、光になる可能性を秘めていると思います。