ゲストハウスは、いくつかに分かれているようです。
1つはバックパッカーなどに比較的安い料金で、宿泊できるユースホステルです。
長期滞在型の旅行の場合、同じような旅行者と、情報交換できるのも魅力の1つです。
また、シェア型ゲストハウスもあります。
こちらは長期賃貸型で、首都圏をはじめ、大都市に多くみられます。
シェア型の場合、賃貸料金が安いという理由で、外国人の入居者が多いのが特徴です。
日本人と外国人とが共有スペースを通して、親交を深められるという利点があり、
異文化交流も行われ、生きた外国語が学べるのも、借りる人が増えている理由の1つでしょう。
キッチンも共有なので、持ち回りで自炊したり、ホームパーティを開いたりと、
シェアすることを楽しむことができるのが魅力だと思います。
また、一人暮らしと違い、帰宅すれば誰かが居るというのも、借りる側には嬉しいことで、
実際に借りている人の年齢層は、20代から30代が1番多く、
女性が多いのも、この理由からでしょう。
一般家庭でも、母屋と離れを持ち、離れを貸すものもあります。
こちらは、田舎町や、過疎地にもあります。
家族で借りる場合が多く、比較的若い世代の家族が多く、
母屋と離れの間にある庭や、自然の中で子供を育てたいと、
都会から移り住むケースが増えているようです。
どのタイプのゲストハウスも、現在の社会の中で、忘れられそうな、人とのつながりを大切にでる場所として好まれるのでしょう。