“性海獣”。よくぞこれほど、目的にぴったりとした製品名を、思いついたものです。“海獣”とは、“怪獣”をもじったものではなく、海に生息する哺乳類のことです。オットセイもその1つで、1頭の雄オットセイは、20頭の雌オットセイとともに、ハーレムをつくると言います。18人の子どもをつくった徳川家康も、オットセイの肉を食べていました。ドラッグうたまろで、購入可能な性海獣には、オットセイが持つカロペプタイドという成分が、配合されています。

またアザラシも怪獣で、非常にたくさんの魚を、食べることで知られています。タテゴトアザラシに含有される、ハープシールオイルも性海獣には配合されており、服用する人を元気にする効果を狙っています。

性海獣1箱におよそ1か月分とされる、30包が入れられており、ドラッグうたまろでは、1箱11124円(税込み)で販売されています。1箱よりも、2箱・3箱・4箱と、1度で購入する箱数を増やすほど、1箱あたりがお得になるよう、ドラッグうたまろは販売しています。
http://www.noguchi-inc.com/corporation/certification/quality_list.html