税理士さんは久しぶりのダンスで、体が思うように動かせません。そんな税理士さんの姿を女性は可愛いと思ったのか、笑って隣で楽しそうに体を動かしています。女性はかなりカクテルを飲んでいるらしく、足元がちょっぴりふらついています。税理士さんはしばらく踊っていると、女姓は「そろそろ帰らない?家まで送ってくれる?」と税理士のAさんに言いました。税理士さんは女性が自分の住んでいるマンションからそんなに遠くない事が分かると、女性を送って行く事を承諾しました。税理士さんの愛車の真っ赤なポルシェの助手席にはかなり酔ったパーティーで偶然であった女性が夜風が心地良さそうに顔を窓の外に出しています。